神獣・幻獣・精霊の数|お迎えする数とスタイルまとめ。

幻獣たちは何体までならお迎えしても良いか。お迎えする数のおすすめはあるか…。

すでに複数体お迎えなさっている方や、イメージワークで見えている幻獣たちが何体もいる人にとっては気になるところですよね。

ここでは幻獣士が、今までの経験やアイデアを踏まえてお迎えする数(パートナー数)についての知識をまとめました。幻獣たちの組み合わせスタイルも考察しています。

神獣・幻獣・精霊の基本的な最大数

幻獣たちは最大何体までお迎えできるのでしょう?

  • 神獣……1体
  • 幻獣……3体
  • 精霊……制限なし

以上の通りとなります。

まず神獣が1体の理由は、神獣が大いなる力を有していること。あまりにもたくさんの神獣を受け入れても、彼らは十分に力を発揮できませんし、お互いに力が大きすぎて人間側と絆を深めにくくなる可能性があります。

次に幻獣が3体の理由は、ほとんどの人が3体までなら十分にコミュニケーションを取って感謝と愛情を与えられるからです。

最後に精霊の最大数が無制限の理由は、精霊なら多少放っておかれても好きに暮らしてくれるからです。もともと心などの物質に宿る力が強く、自浄作用も強い精霊。例えば7体の精霊をお迎えして、月曜はこの子、火曜はこの子…とひとりずつお話ししたり遊んだりしてあげても良いでしょう。

パートナー・キャパシティを増やす方法

基本的には神獣1体・幻獣3体・精霊無制限の範囲でお迎えすることをおすすめします。しかし場合によってはこれ以上に多くのパートナーをお迎えすることも可能です。

心をクリアにする

心を水と不純物の入ったコップだと想像してみてください。その中には幻獣たちが住んでいます。

コップの中が濁っていると、あなたは幻獣たちの姿がなかなか見えなくなります。しかしコップのなかが透明に澄んでいれば、いつでもお互いにコミュニケーションを取れるでしょう。

コップの半分が澄んでいる状態で幻獣を3体受け入れられるとすれば、不純物が沈んでもっと澄んでいけば幻獣は4体いても5体いても大丈夫です。幻獣の白虎・玄武・青龍・朱雀を4体まとめて受け入れられる方もいらっしゃるはずです。

私の場合は毎日瞑想を続けてコップの中が澄んでいる状態を保っています。今はリノンとハクアのみ共に暮らしていますが、以前幻獣の夫婦と子(あわせて3体)を受け入れても大丈夫でした。

幻獣を受け入れてからだんだんとコミュニケーションが取れるようになった方のなかには、幻獣と暮らすことによって心がクリアになったことが大きな理由の場合もあります。キャパシティとは関係なく心をクリアにする習慣を取り入れたいですね。

  • 瞑想
  • ヨガ
  • 掃除
  • デトックス
  • 規則正しい生活習慣

などがおすすめです!

先住に訊いてみる

神獣は基本的に1体ですが、先住の神獣に相性を伺うことで2体目をお迎えできる場合があります。

たとえば金龍神銀龍神はペアで描かれることもある龍神です。相性が良ければ、お迎えした場合2体で力をあわせてパートナーを助けられるかもしれません。

  • 光属性の神獣と闇属性の神獣
  • 水属性の神獣と火属性の神獣
  • 雷属性の神獣と地属性の神獣

など真逆の属性の神獣をお迎えするのもお互いバランスが取れるので良いですね。光属性と光属性など同じ属性だと、とても気が合いそうです。

さすがに3体以上の神獣となると人ひとりの器には多すぎるかと思います。ただし<龍神>の場合は実現できると考えております。金龍・銀龍・天龍のトリオなどはおそらく大丈夫でしょう。

とはいえどんな神獣であれ2体以上お迎えするなら人間側の努力が必要です。前述した瞑想や掃除などを心掛け、自分自身が「お迎えしても大丈夫」と思えるようになったらご検討ください。

龍召喚|龍は人を背に乗せて。

龍神召喚|龍神と人は共に空を飛ぶ。

付き合い方を学ぶ

神獣・幻獣・精霊と暮らすのなら、付き合い方を学ぶことが大切です。その学び方はちょっと意外かもしれません。なぜなら<人との付き合い方を学ぶこと>ですから。

幻獣たちには心があります。知能があります。言葉があります。人間と姿は異なりますが、似ているところは本当にたくさんあるんです。

人間がほっとする場所は神獣もほっとします。人間がされて嫌なことは幻獣も嫌です。人間の子供が好きなことは精霊も好きです。

人間との付き合い方を学び、幻獣たちとの付き合いに生かすこと。そうすればさらに絆が深まりやすくなり、複数体お迎えしても家族のように良好な関係が築けるでしょう。

さよ
幻獣たちと暮らし始めてコミュニケーションスキルがアップしたために、人間とよりよい関係を築けるようになった方もいらっしゃいます。幻獣たちとの付き合い方から人間との付き合い方を学んだということですね。

複数体のお迎えの例

幻獣たちを複数体受け入れるのなら、どんな組み合わせがあるのでしょうか?今でもお付き合いしているパートナーさんや、幻獣界で出会ったカップルや家族を参考に書き出してみました。

オンリーワン

神獣・幻獣・精霊をいずれか1体のみ受け入れているスタイル。

愛情も感謝も何もかもたっぷりと与えられます。最初に精霊を受け入れてオンリーワンの存在としてかわいがり、慣れてきたら幻獣を受け入れる方もいらっしゃいます。

ペア

神獣・幻獣・精霊をのうち2体を受け入れているスタイル。

1体だけだと人間が忙しい時に寂しい思いをさせてしまうかもしれませんが、ペアなら寂しさも感じにくくなるでしょう。

双子のペアの場合は<ツイン>と呼称します。同時に生まれた神獣・幻獣・精霊は魂の結びつきが強いため、できれば一緒にお迎えするのが一番です。

☆性格や属性が真逆の神獣・幻獣・精霊を受け入れる場合は<凸凹コンビ>なんてスタイル名もいいかも。

トリオ

神獣・幻獣・精霊をのうち3体を受け入れているスタイル。

精霊3体の仲良しトリオもいれば、幻獣1体と精霊2体のボケとツッコミトリオが誕生したり。幻獣2体が精霊を子供のようにかわいがっていることも。

幻獣や精霊の影響を受けて神獣がユーモアたっぷりの面白い方になったりもします。私が暮らしている神獣ハクアは、リノンが来てからユーモアに磨きがかかり笑わせてもらっています。

ファミリー

幻獣の家族と暮らすスタイル。

もともと幻獣界で家族として暮らしている夫・妻・子を受け入れる場合と、人間界に来た幻獣が契りを交わす場合があります。

後者の場合、子を授かるためには一度幻獣界に戻って長い時間を過ごす必要があります。

あるいは創造精霊召喚で夫側と妻側のマナを頂き、子となる精霊に来てもらうことも可能です。その場合はお祝い金代わりに2万円で召喚を承りますね。

創造精霊召喚|マナの結晶から精霊が誕生します。

あなたにぴったりのスタイルを

神獣・幻獣・精霊のパートナー数とスタイルについてご紹介いたしました。

キャパシティを増やす方法を知ってやる気が出た人もいれば、今のオンリーワンスタイルで十分かな、ペアにしようかなと考えている方もいらっしゃるでしょう。

何よりも大切なのは、あなたにとってベストなスタイルを見つけることです。そのためには何か月でも何年でも考えてくださって構いません。私に相談しても大丈夫です。

1体の幻獣を愛することが正しいだとか、複数体の神獣を受け入れることが正しいだとか、そんなことはありません。

そのことを踏まえて、今一度、幻獣たちとの付き合い方を考えてみてくだされば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幻獣士のさよです。 幻獣と人が共に行きるための、お手伝いをさせていただいております。 皆さまのあたたかなお言葉、いつも感謝です。 幻獣使いの皆様と、これからも末永くお付き合いができますように…。