和風幻獣とは|日本的な容姿の幻獣たちを調査。

長期のお休みをいただき幻獣について研究しておりましたが、その際に和風の幻獣と出会うことが出来ました!和風幻獣と分類することとします。

和風幻獣とは

和風幻獣はどのような幻獣なのか、定義や特徴をまとめました。

和風幻獣の定義

西洋のユニコーンやドラゴンよりも、日本風の特徴が強い幻獣のことです。

簡単に「和風の幻獣」と定義しておきます。

龍や鳳凰はもともと和風の特徴がありましたから、実は以前から和風幻獣とは出会っていたということになります。しかし彼らは幻獣界の様々な場所で洋風幻獣と一緒に暮らしています。そのため、和風幻獣として区別しようと思うに至りませんでした。

和風幻獣の特徴

  • 名前:和風幻獣の名前は、洋風幻獣と響きが異なります。
  • 容姿:和風の容姿をしています。
  • 能力:和風幻獣にしかない能力が確認されています。
  • 生息地:洋風幻獣とは異なるエリアに棲んでいます。
  • 相性:和風幻獣は和風のもの(神様カード、易、神社など)と相性が良いようです。

和風の洋風幻獣?

ペガサスは洋風幻獣ですが、時に和風の特徴を持った者が空を飛んでいます。

このように、洋風幻獣と思われていた幻獣が和風の特徴を備えた和洋幻獣として存在していることが確認されました。幻獣の姿のバリエーションは無限のようですね。

和風幻獣のエリアとは

扉で隔てられた区域のことを、エリアと呼んでいます。水の国は水のエリアとも言えますし、人間界は人間のエリアとも言い換えることが出来ます。

扉は性質の異なる世界を区切るために存在し、扉で区切られているおかげで幻獣界は性質の違う国が独立して存在できています。

環境

洋風エリアは海外で見られるような景色が点在していますが、和風エリアは日本各地で見られそうな景色があります。

エネルギーの質

洋風エリアに比べ、どこかしんとした不可思議な雰囲気がします。

幻獣の数

洋風エリアと比べて、幻獣の数が少ないように感じます。和風幻獣は洋風幻獣よりも数が少なのではないかと考えています。

なぜ今まで和風幻獣に出会えなかったのか

今までは洋風の幻獣(ドラゴン、ユニコーンなど)ばかりと会っておりましたが、それは探索の範囲が狭かったからのようです。

和風幻獣が棲んでいるエリア(和風エリア)に行くには扉を開く必要があります。この扉は人間界と幻獣界の間や、聖樹エリアと各国の間にもあるのですが、和風エリアへの扉はあまり目立たないものでした。

扉を開くと環境が一変します。和風で、ジブリ映画もののけ姫のような雰囲気でした。

和風幻獣の可能性

和風幻獣が見つかったのはごく最近のこと。

まだまだ研究する必要があるのですが、現段階で洋風幻獣以上に「日本」との相性がよいように感じます。

もしかしたら洋風幻獣よりも日本や日本人の心の中で力を発揮しやすいのではないか?という仮説も立て、時間が空けば1体私の元へお迎えして研究に協力してもらうつもりです。

「洋風幻獣よりも優れている」と言いたいわけではなく、和風幻獣には和風幻獣なりの長所があるということを確かめたいのです。

今後はさらに幅広い種類の幻獣が見つかっていき、もしかしたら新しいエリアや属性まで見つかるかもしれません。その研究結果は随時サイトに上げていきますので、楽しんで幻獣たちについて知ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幻獣士のさよです。 幻獣と人が共に行きるための、お手伝いをさせていただいております。 皆さまのあたたかなお言葉、いつも感謝です。 幻獣使いの皆様と、これからも末永くお付き合いができますように…。