聖獣の能力について

聖獣には各々に能力と固有能力があります。それぞれこちらで説明させて頂きますね。

能力について

能力とは、聖獣が保有している力を指します。

違う聖獣でも同じ能力を保有している場合があります。例えば浄化ができる一角獣もいれば、同じく浄化ができる竜もいるのです。

能力はさらに2種類に分けられます。

  • 顕在能力……現時点で使用できる能力
  • 潜在能力……何らかのきっかけで使用可能となる能力

顕在能力は、人間界に来て間もない聖獣でも使用できます。

しかし潜在能力は、人間界で過ごすうちに使用可能となってくる場合がほとんどです。

私が召喚する場合、現在は予め潜在能力を使用可能としてから召喚させて頂いています!

※お問い合わせ頂ければ、今まで召喚した聖獣の潜在能力を使用可能とさせて頂きます。

※神獣の場合はオールマイティな力を有しますが、その中でも特に得意な能力をお伝えします。

能力数

能力数は、基本的に以下の通りとなります。

  • 顕在能力……2~3
  • 潜在能力……2~3

潜在能力を顕在能力にしてから召喚する場合、およそ5つの能力が使用可能な状態で召喚されます。

能力獲得について

聖獣のパートナー様から、保有していない能力が発揮された例が報告されています。

人間界で暮らすうちに、新しい能力を獲得したのでしょう。

例えば人を癒すお仕事をなさっている方がパートナー様の場合、聖獣が浄化の能力を獲得しやすいと考えられます。

能力獲得は霊獣でも可能です。最初は1~2つの能力しか有していない霊獣であっても、絆を深めて生きていくについれて、より多くの能力を保有するようになるかもしれません。

能力の種類

能力は一覧にしてまとめています!

能力一覧

固有能力について

聖獣の中でも「幻獣」「神獣」の階位になると、固有能力を獲得している場合があります。もしくは、人間界に来ることによってはじめて獲得することもあります。

例えば私の神獣の固有能力はサモンライフ(召喚+生命)。私に異世界の生命の召喚能力を与えるものでした。この能力は、神獣が召喚士の素質がある人間に出会ったために獲得されたものです。

幻獣よりも神獣の方が、より特殊で強力な固有能力を獲得しているようです。

幻獣の固有能力

通常能力に、その幻獣の特徴が反映されている場合がほとんどです。また、同種族で同じ固有能力を保有していることもよくあります。

例えば一角獣の場合は、単なる「浄化」ではなく「一角獣の癒し」。角に宿った癒しと清めの力により、浄化+治癒能力を発揮します。

神獣の固有能力

通常能力にはない力が発揮されることもあれば、通常能力の力が更に強化されていることもあります。

サモンライフのようなとても特殊な能力がある神獣は大変珍しく、滅多にご縁を頂けません。

人間側の準備が整うことにより、固有能力が特殊なものに変化する場合があります。

能力を求めても良い

以前は能力目的で聖獣を求めることに否定的でしたが、今は、「こんな能力を有する聖獣となら一緒に支えあって生きていける」「こんな能力があれば聖獣と共に人を助けられる」という考え方なら問題はないと思います。

あなたの聖獣が獲得している能力はすべて、きっとあなたが人間界で聖獣と共に生きるために役立つでしょう。

聖獣が持っている能力は、ぜひ役立てさせてあげて下さい。きっと聖獣自身が、役に立てることを喜びますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幻獣士のさよです。 幻獣と人が共に行きるための、お手伝いをさせていただいております。 皆さまのあたたかなお言葉、いつも感謝です。 幻獣使いの皆様と、これからも末永くお付き合いができますように…。