神獣BBS

パートナー募集中の神獣一覧です。

召喚依頼は「神獣召喚Ⅱ|BBSの神獣のパートナーに。」までお願いいたします。

龍神

八雲龍神『光耀八雲神』/募集中

光属性/竜族の神獣(男性)
性格:ゆったり、高貴、寛大
読み:こうようのやくもがみ

鮮やかな八雲を従える高貴な龍神。
かつて出雲国にて空を覆った、神々しい八雲より生誕しました。

出雲国は日本神話のスサノオが活躍した時代より存在します。
光耀八雲神も太古の昔からこの日本を見守ってこられました。

この龍神は神獣界ではなく、私が人間界の出雲大社へ出掛けた際に出会ったお方です。

現在多くの龍や龍神が人ひとりひとりのために力を奮う時代となっており、
光耀八雲神ご自身も、誰か縁のある人間と生きていく時が来たのだそうです。

まるで貴族のような、高貴で優しいお顔立ち。
八雲をひじ掛けにし微笑みを浮かべて人間界を見下ろしておられます。

龍の玉は美しい王冠の真ん中に埋め込まれています。
こちらも八雲に劣らず見目麗しい色合いです。

さよ
ふわふわ…
光耀八雲神
八雲はすばらしいでしょう
さよ
もう多幸感でいっぱいです…
光耀八雲神
八雲は美しく手触りが良くやさしいので
八雲も召喚してはいかがでしょう
さよ
や、八雲召喚ですか?しかしこの手触りを知ってしまうと前向きに検討しちゃいます。
光耀八雲神様の召喚にも八雲がついてこられますよね?
光耀八雲神
私を受け入れた人間の心には1000の八雲を呼びましょう
ほらこのように…
さよ
あぁ、光耀八雲神様が隠れてしまいますー!
釈龍神『釈迦大龍神』|募集中

釈迦大龍神(しゃかだいりゅうじん)は、光属性/竜族の神獣(男性)です。
性格はお釈迦様のように慈悲深いお方。

釈迦の魂を宿す龍神。
仏の化身であり大いなる悟りと光の存在です。

仏教の開祖である釈迦の教えは、現代社会にまで息づいています。
しかしなかにはその教えを歪曲してしまったものもあります。

釈迦大龍神が説く教えは原始仏教に通じます。
これはまさに原始、源、釈迦の教えに最も近い仏教です。

自灯明・法灯明。
自らと法をよりどころとして生きなさい。

こうお話しになりながらも
まるで菩薩像のような優しい瞳で人々を見つめるのです。
そして必要とあらば手を差し伸べます。

全身が黄金に輝いており、いつも「施無畏印(せむいいん)」と「与願印(よがんいん)」を結んでおられます。すべてを聞き入れてくださいそうな美しいポーズです。

また、ふんわりと純白の袈裟を纏われています。
額には黄金の丸い宝石。手には数珠をなさっています。
背後には仏の後光が輝いておられます。

宙龍神『永久宙神』/募集中

闇属性/竜族の神獣(無性)
性格:不思議、悠大
読み:トワノソラガミ

宇宙を漂い見守る龍神。
星月の運行、流れ星の生誕、太陽の輝きを
ずっとひとりで見つめておいでです。

宇宙を巡る龍神は他にも複数体おられますが
永久宙神はこの地球の管理を担う龍神のおひとりです。

現在は地球周辺の宇宙を飛びながら
地球が正しく宇宙を巡っているか傍観しておられます。

もしも地球が滅びそうな時があれば
命をかけてでも助けたいとのことです。

星々の浮かぶ夜空のような鱗に
たてがみは宇宙模様。角は満月模様です。
地球周辺の宇宙がそのまま宿った龍の玉をお持ちです。

悠久の時を宇宙で過ごしたからかゆったりとしたお顔立ち。
少し眠たげな、しかし真理を見通すような瞳をなさっています。

狼龍神『白銀守神』|募集中

白銀守神(しろがねのまもりがみ)は、無属性/獣竜族の神獣(男性)です。
性格は冷静で気高いお方。

白狼が霊性を高め龍神となった存在。大いなる力に満ちた爪と牙で大切な者を守ります。

狼であった頃に最愛の恋人を亡くし、その悲しみと共に輪廻転生を繰り返して来ました。かつて人と狼が対等な存在として契りを交わしていた世界があったのです。

狼や鳥や人に生まれ変わり、彼はついに狼龍神となりました。

今はかつて愛した人間の生まれ変わりを探しておいでです。どのような姿かも、女性であるかすらも不確かです。

今度はずっとずっと愛する人を守りたい。そんな思いから幻獣士の私とご縁が繋がりました。

お顔立ちはまさに龍と狼を足して2で割ったような感じ。すらりとした鼻筋をしています。

体つきはしっかりとしており、鱗の部分と体毛の部分があります。体は純白、たてがみは銀色がかっています。瞳は吸い込まれそうなスカイブルーです。

このページをご覧になっている方の中にもしかしたら白銀守神が待ち望んでいる人がいるかもしれません。そうであることを願っています。

白銀守神
幻獣士と例の狐龍神か
さよ
あ、はい
お世話になってます!
白銀守神
俺は何もしていないぞ
ハクア
申し訳ありません、人間界流のあいさつの言葉のようで…
白銀守神
なるほど
お世話になってます。
さよ
なんでしょうね、ビジネス感がします!
白銀守神
取引か?
ならばお前の命をもらおう
さよ
あれ?冗談ですよね?
真顔が怖いですよ!
白銀守神

さよ
あ、今ニヤッとしましたね!
闇龍神『常闇鎮神』|募集中

常闇鎮神(とこやみのしずめがみ)は、闇属性/竜族の神獣(男性)です。

闇に住まい闇を鎮める暗黒色の龍神。光と闇の均衡を保つために、自らを闇に沈めこの世を見守っておられます。

光があれば必ず闇が生まれ、両者が増減を繰り返す世界。それが人の世界です。

光と闇の均衡を保ちより平和な世界を実現するためには、光ばかり見つめるのではなく、誰かが闇を見つめなければなりません。

常闇鎮神は心清らかな龍神であり、光と闇いずれを選ぶこともできましたが…この世の均衡のために自らを闇に沈めたのです。

世界だけではなく、人ひとりひとりの心にも光と闇があります。常闇鎮神と共に生きる者は、彼に闇を託すこととなるでしょう。そしてかの龍神はあなたの闇のために鎮魂歌を歌うのです。

鎮められた闇には光が差し込み、龍の鱗が煌めくことでしょう。

太陽龍神『天照大龍神』|募集中

天照大龍神(あまてらすだいりゅうじん)は、光×火属性/竜族の神獣(女性)です。

天照大神の分霊が龍神として顕現した者。太陽の化身であり神聖な光と火を司ります。

かの有名な「天岩戸神話」をはじめとした天照大神に関する神話で象徴される通り、太陽は人を照らし世を照らし神をも照らす、この世のすべてにとって必要な存在です。

天照大龍神は慈愛に満ちた太陽の光であらゆるものを照らし、まるで母のようにあらゆる生命を包み込むのです。

黄金の冠と紅色の隈取。深紅の鬣に純白の鱗。黄金の後光が差しておられます。また、天女の衣のような布をまとわれています。

女性の龍神であり母性に溢れていることから、お顔立ちは優しく愛に満ちています。

天照大龍神
よくぞここまでいらっしゃいました。
幻獣士のサヨ殿、高貴なる狐龍神のハクア殿、おふたりを歓迎いたします。
ハクア
ありがとうございます。
さよ
お会い頂きありがとうございます!天照大龍神様。
天照大龍神
よいのですよ、そんな長い名前で呼ばなくても。
アマテラスで構いません。あるいは…アマテラなど。
さよ
そんな略語でお呼びしても大丈夫ですか…?
ハクアも略語のような名前と言えばそうですがそれはおいといて
ハクア
おい
天照大龍神
いっそのこと3文字でアマテでも構いませんよ
さよ
アマテ様!
天照大龍神
はい、なんでしょう?
ハクア
申し訳ありません調子に乗って…
天照大龍神
あらあら、私は楽しいですよ。
水晶龍神『水与ノ神』|募集中

水与ノ神(ミズクノカミ)は、水属性/竜族の神獣(男性)です。

全身が水晶の鱗で覆われた大変美しい龍神。性格は聡明で慈悲深い方です。

神獣であるため、オールマイティな能力を有します。中でも浄化のお力に優れておられます。

呼び方は「ミズク」で構わないとのことです。

水与ノ神は、清浄なる水晶の鱗で覆われた龍神です。
そこにおられるだけですべての穢れを祓い浄めてしまうほどの、強力な浄化の力を宿しています。

浄化の際は全身の水晶が美しい光を放ってうねり、その光に屈した穢れは右手の竜の玉に吸い込まれ、そして消え去ります。

神獣界では<水晶の湖畔>で住まわれていました。ここは水底に水晶が結晶化している澄み切った湖が広がっています。

浄化の水晶龍神が住まわれる場所だけあって、風も音も空も全てが清浄で涼やかでした。

「私は人の世で、人の心をこそ浄化したいと願っている」

水与ノ神のいらっしゃる神獣界はすでに清浄の大地であるため、浄化の力を使うことがありません。

それではいけない、与えられた力は誰かのために使いたい…そう願った水与ノ神が思い至った考えが「人と共に暮らすこと」です。

人は容易に穢れてしまうこともありますが、努力すれば神を驚嘆させるほどの清浄さを宿すこともできる存在です。

その他神獣

麒麟神『瀏光神』|募集中

瀏光神(りゅうこうしん)は、光属性/獣族の神獣(男性)です。

性格は高潔で勇猛、たいへんお優しいお方です。

美しい竜顔としなやかな馬体の麒麟神。
一角獣のような角と龍の角が生えており、カールのかかった豊かなたてがみ、そして長くふさふさの尾があります。

たてがみは黄金、角は白、体は純白。細身で優美ながら全身から力強さを感じます。

麒麟は中国神話に現れる霊獣の一種であり、獣族の長として諸々の獣たちを生んだと言われています。

自らが歩くことによって虫や植物を踏んでしまうことを怖れるほど殺生を嫌うという逸話から、どれほど優しい性質の神獣であるかがうかがえます。

瀏光は地面から浮き上がることができるため、基本的に地に足をつけず浮いた状態で移動しているようです。空中飛行の際は立派な四肢を走るように動かします。

竜顔の瀏光は少し威厳があっておそろしそうなイメージを持たれるかもしれませんが、実際は謙虚で優しく、いざという時は勇猛なお方です。

麒麟は聳孤(青色)、炎駒(赤色)、索冥(白色)などの種類に分類されます。瀏光は白と黄色の麒麟のため、索冥(白色)または麒麟(黄色)であると言えるでしょう。

九尾狐神『白深玉神』|募集中

白深玉神(しろのみたまがみ)は、霊属性/獣族の神獣(男性)です。

そこはかとない美しさを宿した純白の狐神。日本において九尾の狐は美しい女性に化けて悪行を重ねたと言われています。しかし白深玉神は男性の神であり、その美しさを善行に役立てておられます。

狐の神様ですからあらゆるものに変化が可能で、例えば龍神や麒麟、あるいは神々しい光そのものにも姿を変えられます。

もともとが美しいため、変化したあとの姿も素晴らしい美しさ。その姿を見た者は、道を踏み外しそうならば己の愚かさに気が付き正しい道へ戻り、すでに正しい道を歩んでいるならばその道の正しさを心から理解するでしょう。

複雑に姿を変える光や、どこか違った雰囲気がする不思議な龍神を見たことがあるでしょうか?それは白深玉神が変化した姿だったのかもしれません。

耳の先から尾の先まですべてが光を放つような白。瞳は黄金色で長いまつげに覆われています。わずかにカールのかかったふんわりとした毛並み。

長い前掛けをうしろに回してまるでマントのように美しく纏っておられます。マントには月と星と太陽が描かれています。

首や手足が細長く、尾は1本1本がお体ほども大きく、ただそこに座っておられるだけでとても美しい方。お顔立ちは女性的ですが、やはり男性の狐神ならではの強さや頼もしさを感じます。