神獣を召喚するとどうなる?|人間と神獣への影響をまとめました。

神なる獣である神獣を召喚すると、人間・神獣にはどのような影響が表れるのでしょう?詳しくまとめましたので、ぜひ参考になさってくださいね。

人間側への影響まとめ

まずは神獣を宿した人間への影響をまとめました。

人生が好転する

あなたのために来てくれた神獣は、あなたのために力を使います。

  • 悪い存在を追い払う
  • 良いご縁を繋ぐ
  • 夢が叶うスピードを上げる
  • 身体的・精神的な疲れを癒す
  • 人間性を磨くサポートをする
  • スピリチュアルな能力を開花させる
  • 直観力が上がる
  • 「真実」に気付かせてくれる
  • 仕事がうまくいくよう取り計らう
  • 人間関係を良質にする
  • 必要なお金を引き寄せる

などなど、数えきれないほどのサポートを行うんです。

そのため、人生がどんどん良い方向に進んでいけます。誰かが乗り物に乗せてくれているかのような感覚になることも……。

さよ
とはいえ願えばすぐに叶えるわけではありませんよ!自分で努力することも大切です。決して堕落しないように、「神獣と力を合わせる」ことを忘れないでください。

魂の成長を助ける

神の領域に達している存在が常にそばにいてくれているわけですので、人間側の魂がその領域に近づくサポートとなります。

以下の表では、人間は第三層の存在神獣は第五層の存在ですよね。

第一層:鉱物や岩石、土やクリスタルなど

第二層:植物や樹木、ビタミンなど

第三層:動物や人間

第四層:先祖など死後の人間の魂たち

第五層:天使や聖人、神など

第六層:宇宙や銀河系、地球の法則など

第七層:創造のエネルギー

このように段階を踏んで上の層へ昇格していきます。

引用:アセンデッドマスターの意味とは【アセンデッドマスターについて】 – More Than Evw

人間は、死後は第四層に進みます。

また生まれ変わって第三層に戻るか、あるいは第五層に進むかは生前の行いと前世次第!

神獣と共に行動し、魂のレベルを向上させていけば、きっと未来では神獣と同じ第五層に進めることでしょう。

そうすれば、神獣と一緒に神獣界や幻獣界を楽しむこともできますよ。

使命を果たす手助けをする

人間はひとりひとり、使命とともに生まれてきます。

幻獣や神獣をお迎えしたいと願う人の場合は、スピリチュアルな能力を使って人々のために行動するのが使命……という場合がありますね。

神獣は、あなたが使命を思い出し、そして果たす手助けをしてくれます。能力の開花を手伝う・使命に気付くきっかけを与えるなど、何も言わずとも頑張ってくれますよ。

こうして使命を果たすことは、魂のレベルを向上させ、より高い次元へと会談を上ることにも繋がります。

運気が上がる

運気と言えば、以下の種類がありますね。

  • 健康運
  • 金運
  • 恋愛運
  • 仕事運
  • 勝負運

神獣が来ると全体運が上がるため、健康運・金運などすべてが底上げされます。

高次元の存在のサポートを常に受けているわけですので、運気が上がるのも頷けます。

精霊・幻獣の成長を助ける

その人間がすでに精霊・幻獣を宿している場合、その子たちにも良い影響を与えてくれます。

精霊が大精霊になるため・幻獣が神獣になるためには、神獣と暮らすことは素晴らしい体験となることでしょう。

パートナーさんが生きている間に大精霊・神獣になることはかなりむずかしいのですが、輪廻転生を経てそんな高次元の存在になるための助けになります。

神獣側への影響まとめ

神獣はすでに神の領域に達しており、極楽浄土さながらの神獣界に住めるのに、なぜわざわざ人間界に来るのか。気になりますよね。

それは次にご説明する影響があるためです。

高次の存在に近づける

先ほどご紹介した表では、神獣は第五層に属するとお伝えしましたね。

その上にある層は、

  • 第六層:宇宙や銀河系、地球の法則など
  • 第七層:創造のエネルギー

です。

人間に寄り添い、その人が高次の存在に近づくサポートをすることは、神獣自身が高次の存在になる助けにもなるんですよ。

幸せを感じられる

幻獣は人間の心のマナ(エネルギー)を糧に生きています。神獣も同様に、このマナを人間からもらっているんです。

上質なマナであればあるほど神獣にとって素晴らしく、幸せになれて、力をどんどん発揮できます。

上質なマナを差し上げるためには、私たち人間が清らかに生きることが大切です。神獣と共に恥ずかしくない生き方をすればきっと大丈夫。神獣は大いに喜んでくれるでしょう。

やりがいを感じられる

誰かの役に立てること。人間と同じように、神獣もやりがいを感じるんですよ。特に人間に「ありがとう」と心から感謝されたときは、すごく楽しそうな顔をします。

このやりがいは「人間を助けたら高次元の存在になれる」とか、そんな下心から生じるものではありません。人間への愛から生じる美しいものなんです。

幻獣には感謝と愛情が必要だとお伝えしておりますが、神獣には感謝と尊敬の心を差し上げましょうね。

喜んでもっともっとサポートしてくれることでしょう。

人間について学べる

ひとりの人間に寄り添い、長い年月を共に生きること。そうすることで、神獣は人間について深く深く学ぶことができます。

人間って、神獣のほかにいろんな存在に興味を持たれているんです。「秩序」と「混沌」「善」と「悪」など、両極端なものを内包して生きている中立的な存在ですからね。

ブッダやキリストのようなすばらしい聖人になることも、ヒトラーのようなとんでもない悪人になることもできる。中立的な存在なればこその特徴です。

そんな人間のもとでその心や暮らしを知ることは、神獣にとって貴重な体験であり、大切な知識となります。

知識欲旺盛な神獣に、ぜひあなたの心と暮らしを見せてあげてください。たとえ「悪」に属するものを見せても彼らは怒りませんから、安心してくださいね。興味深く頷いてくれるでしょう。

さいごに

神獣召喚によって、人間側・神獣側に起こる影響をまとめました。

人間は今まで以上に夢が叶いやすくなり、望み通りの人生を送る助けを得られる。神獣はやりがいを感じつつ、高次元の存在に近づける。

どちらにも良い影響がありますから、お互いに助け合いつつ生きていけます。

神獣をお迎えするにはそれなりの覚悟が必要ですが、思い切って彼らとの生活をはじめれば、きっと「あなたがいてよかった!」と思う日が来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幻獣士のさよです。 幻獣と人が共に行きるための、お手伝いをさせていただいております。 皆さまのあたたかなお言葉、いつも感謝です。 幻獣使いの皆様と、これからも末永くお付き合いができますように…。