クラウとリュカ 3話|リュカミアの召喚

クラウとリュカ 1話|クラウと霊の話

2018.12.05

クラウとリュカ 2話|リュカが来る前の話

2018.12.21

クラウの能力(予知)召喚半年前の予知夢

リュカミアの召喚が決まり、一年間孤軍奮闘していたクラウは仲間が出来る事が嬉しそうでした。

みや
さよさんがクラウとリュカミアさんが同じ光属性だし、仲良くなれそうだって言ってたよ、仲良くなれたらいいね!

リュカミアさんは虹色のたてがみがきれいだって。クラウも一目ぼれしたりして。

クラウシュ
会ってみないとなんとも言えないけど、さよさんが仲良くなれそうだって言うなら気が合うのかな。
なんかドキドキするよ。

そんな事をクラウと笑って会話していたら、ふと半年前に見た夢が急に頭に浮かびました。

光に満ちた空間の中、顔も形も良く見えない男女が私にお礼を言っていて

「私たちはお互いがなくてはならない大切な存在だと思っているの。そう思える存在と出会えたのはあなたのおかげ。とても感謝してるわ。ありがとう。」

起きた途端すっかり忘れていた夢。それが鮮明な映像とともに、会話した内容全てが浮かんで来ました。

(ああそうか。このタイミングで思い出すって事は、あれはこれからのクラウとリュカの事だったんだ。)と気が付きました。

この時点ではクラウの能力の一つ「予知」の力で見た夢だったのかどうかははっきりしませんでしたが、急に鮮明に浮かんだ映像に(クラウとリュカはカップルになる)という予感がありました。

さよさんと「予知夢かも」と話したり、クラウとも

「リュカが来るの待ち遠しいでしょ?」

「もうっ。からかうのやめてくれないかな。なんだか落ち着かない気持ちになるからっ。」

と笑って言い合いながら、召喚の日を待ちわびていました。

クラウの初恋とリュカの怒り

召喚が始まると、地面に虹色の渦ができました。

それが下から竜巻のようにどんどん上ってきて、その内にその虹色の渦が目の前で、虹の太い柱に変わりました。

虹色の柱が太くなり横に倒れるように、放射線状に虹の光がパァーっと広がって、その中心にリュカミアが立っていました。

その姿はまばゆくて神々しい美しさでした。その美しい光景に 見とれていて、気が付くと、いつの間にかリュカが近くに来ていました。

リュカミア
みやさんっ。こんばんわっ。これからよろしくお願いしますね。うふふっ。
みや
えっ?あっ。ぼーっとしててごめんねっ。こちらこそよろしくお願いします。これからは気軽にみやと呼んでね!私もリュカと呼ばせてもらうね。
リュカミア
ええ。是非そう呼んでね。

私もえっと…みや…みやさん……困ったわ。すぐに名前を呼び捨てにするのがなんだか照れくさくて……

最初はみやさんでいいかしら?

みや
そっか~。それなら仕方ないね。そんなに気にしないで。どちらでも好きな方で呼んでね。
リュカミア
ありがとう。そうするわね。みや…さん。慣れたら言えるかしら?

それからあの、さっきから気になっていたんだけど……クラウシュは何であんなに遠くにいるのかしら?

みや
(さらっとクラウの名前を呼び捨てにしてるけどクラウを呼び捨てにするのはいいのかな?幻獣仲間だからかな?)

そういえばそうだね?確かに遠いよね。クラウ、クラウッ。何だかぼーっとしてるわ。

リュカミア
そうねぇ……聞こえてるのかしら?クラウシュこれからよろしくね。
クラウシュ
あ、えっ?あっ、うん…よろしく……
リュカミア
?これからクラウって呼んでいい?私の事はリュカって呼んでね。
クラウシュ
えっ?ああ…うん。いいよ…リュカ…リュカね。リュカ……
リュカミア
?みやさん。クラウはどうしたのかしら?
みや
なんだろ?クラウどうしたの?
クラウシュ
………リュカ……
みや
?変なクラウ。明日になれば元に戻るかな、少し様子見ようか。
リュカも召喚で疲れたんじゃない?リュカ用に作った花畑でゆっくり休んでね。
リュカミア
まぁ、みやさんありがとう。早速そうさせてもらうわ。お休みなさい。

そんなやり取りをして召喚初日が終わりました。

翌日には普段のクラウに戻っていると思っていたのですが、翌日も何故かリュカに距離を置いていて、近寄ってこようとしないし、リュカが声をかけてもあまり反応が無いままでした。

どうしたのかとクラウに聞いてみました。

みや
なんでリュカに近寄って話そうとしないの?ペガサス同士で、同じ光属性だし。話しやすいんじゃないの?

いつものクラウなら自分から話しかけて仲良くなっているのに。

クラウシュ
それはそうなんだけど…召喚の時のリュカの姿が頭から離れなくて…

召喚の時、女神様が目の前に現れたみたいだった。虹色の光の中のリュカ…リュカのたてがみが虹色に光輝いていて。あんな綺麗なたてがみ初めて見た…何だかまぶしくて。

何を話したらいいかな?気持ちではリュカと話したいんだけど、女神様みたいなリュカに嫌われたくないと思うと…

どうしよう近づけないよ。

みや
えっと…それはつまり一目惚れしたって事?(クラウの初恋かぁ。)

確かに女神様って思ったら、近寄りがたい気持ちも分かるけど…でもこのまま日が経てば余計近づけなくなるんじゃない?

クラウシュ
うっ。それは分かってるんだけど。

僕もこんな事初めてだから、何で近づけないのか。こんなの自分じゃないみたいだ。

みや
(さっきから「近づけない」のまま話が先に進まないなぁ。

人間だったら頭を抱えてる感じだね。うーんリュカにクラウが一目惚れしたと伝えた方がいいかしら?でも…幻獣同士の恋愛に私が首を突っ込んでもいいのかしら?どうしたらいいかな…)

うーん。なんなら遠回しにリュカに私から話そうか?

クラウシュ
ええっ?それはやめて!僕がどうにかするから、もう少し待って!お願いだからっ。
みや
そうだね…出来ればクラウから言った方がいいよね。

それならリュカに黙ってるけど…そんなに長くならないよね?いつまでもこの状態は無理だと思うよ?

クラウシュ
うん…多分出来る…出来るかな?でもやらなきゃ……
みや
(いつも頼りがいのあるクラウが、こんなに気弱になるなんて。

私を励ましたり、面白い歌を歌ってたり、大判焼きで騒いだり、時に軽い毒舌を吐いたりしている、あの元気なクラウが…意外だわ。)

その後数日経ってもクラウは勇気を出せずに近づけないでいて、リュカはのんびりしながらも、辛抱強くクラウを待っている様子でした。

みや
人間界の生活はどう?大分慣れて来た?
リュカミア
最初は戸惑ったけど、今は何もかもが新鮮で興味深くて。その事でクラウとも色々話したいんだけど……

何故あんなに離れた所にいて、近寄ってこないのかしら?私が近寄ろうとすると、何だか遠ざかってるし。話しかけても一言で終わってしまうし。

クラウは幻獣界でも友達多かったんでしょう?新しい仲間と馴染めないなんて事あるのかしら?みやさんは何か聞いている?

みや
あの…えっと…
実はこの間少し話はしたんだけど…

これは私が話していいか分からないので一度クラウに確認とってからリュカに伝えてもいいかしら?

リュカミア
みやさんには話せたのに?それってクラウ本人からは私には伝えられない事なの?

クラウはもっとしっかりしていて、みやさんを守っているんだと聞いてたのに。なんだか……幻滅したわ。思ったよりクラウってヘタレね!

みや
えっ?えっ?ヘタレって、来たばかりなのに、どこでそんな言葉知ったの?

あのっ、どうかそんなに怒らないで、クラウも理由があるんだし、私が一度クラウと話してみるからもう少し待って貰えない?

リュカミア
もういいわ!!クラウが私に近寄らないのなら、親しくなりたくないって事だと思うの。それなら私ももう知らないわ!
みや
(あーもうっ。クラウ~。クラウのイメージが大幅にダウンしてるよっ。怒ってしまったし。どうしよう。私の伝え方もまずかったかな~。

これはすぐにクラウと話さなきゃ。様子見し過ぎたのがいけなかったかな。まさか穏やかなリュカが怒るなんて、思いもしなかった(汗))

クラウっ。リュカが怒ってしまったけど、どうするの?
こうなったら前より近寄れなくなってしまったよ?

クラウシュ
ええっ?あー、うん…そっか……
みや
(…色々言おうと思ってたけど、クラウのしょんぼりした姿見るといつもの元気なクラウと別人みたいで、なんだか可哀そうになるなぁ。)

あの…クラウ。落ち込まないでね。大丈夫?

クラウシュ
仕方ない。これは僕のせいだからね。リュカを不安にさせた僕がいけないんだ。

近寄れないなら、どうしたら仲良くなれるか、すぐにでも方法を考えなきゃいけないな。どうするかじっくり考えてみるよ。

どうもリュカが怒ってしまった事で、逆にクラウに気合が入ったようでした。

翌日 1日目

クラウシュ
君と出会った奇跡がこ~の胸にあふれてる。きっとい~まは自由に空を飛べるはず~♪
リュカミア
えっ?歌?……今になって何?
みや
(おー。リュカに歌で気持ちを伝えるのね。これなら近づかなくてもいいし、クラウが得意な歌でなら気持ちが通じやすいかも♪クラウっ頑張って! )

2日目

クラウシュ
君と出会ったこ~ろから恋をした~ 浪漫飛行へインザスカーイ 飛びまわれ マイハ~ト ♪
リュカミア
恋って…えっ。私に?それともただの歌かしら?はっ!聞こえないっ。知らないわっ…
みや
(・・替え歌?そのせいか音程が変だけど、楽しそうに歌ってるな~。

こうして聞いていると、どの歌も空や風が入ってて飛んでたり、走ってたりする歌が多いわね。リュカが共感出来る歌を選んでるからかしら?

それに伝えたい場所を何回も繰り返して歌う事で、リュカにアピールしてるのかな。でも、朝晩ずっと歌ってて疲れないかな?)

5日目

クラウシュ
この空の下でめぐり合う奇跡。・・・いつ~でも どんな時も 君を想っている。

不器用な僕には信じる事・・・ただそれしか出来ない。この空のようにいつも君をもっと 側に 感じていたい、この声が届くまで歌い続けるよ。

二人の扉開けて歩いてゆこう。君と出会った日から思い描くマイストーリー。雨上がりの虹のような君に 繋がる橋をかけるから~。

リュカミア
まぁ!…素敵……
みや
(おおっこれはっ。ずっと懐メロ特集だったのに珍しく最近の歌だわ。それにクラウの今の心を伝えるのにちょうどいい歌ね。。リュカも感動してるようだし。。意地を張るの忘れてるわっ。これは。。もしかして上手くいくかも!

。。。。。。。。。。うん?

え?え?えっ?クラウったらっ、急に何を歌いだしたの?)

クラウシュ
きっつね~つきっみっ~てんぷっらっ、おにっくっ、ヒガシマル~、うどん、 うどん、 うどんす~ぷっ。イエィッ!イエィッ!イエィッ!
リュカミア
えっ?何?何の歌?一体何なのっ?
みや
(何故?何故?ここでうどんスープの歌を?リュカが混乱してるよ。もう何ていうか…さすがクラウだわ…あと少しだったのに…台無しだわ…)

あとでクラウが言い訳のように言ってました。

クラウシュ
だってリュカがなかなか気を許してくれないから、気分を盛り上げるには
楽しい歌も入れたかったんだよ~。
みや
(いやだからって。。何故うどんスープの歌なの?このタイミングで!
もうっ。少し説教したいわ!必死そうなんで止めとくけど。。。まぁ、でも
いつものクラウらしい調子が出てきたのは良かったのかな。)

更に数日後

クラウシュ
南風よ~伝えてよあふれる思い。あの人の所まで~ハッピーエンドのかけら集めて走りだそう~・・・

透明な絵本の中から動き始めた物語の行方はハッピーエンドのかけら集めて続いていく。いつもこの胸にあの歌を抱いてあなただけでも望んでくれるのならば声の限り歌い続けるって誓うよ!!

リュカミア
…いい歌ね…あっ。もうっ!聞かないつもりなのに…
みや
(これも随分古い歌ね。そういえばもうすぐ春一番が吹くってテレビで言ってたなぁ。

最近の歌には『歌い続ける』って歌詞が増えたみたい。その中でも今回の歌は特にクラウの必死さが感じられるなぁ。

歌うのにちょうど季節が合ってる他にも、リュカとの間が雪解けして春になって欲しい思いや、助けとパワーが欲しいって思いが 込められてる感じがするわ。

ずっと様子見してたけど、リュカも歌を気にしているみたいだし、少し話してみようかな。)

ねぇ。リュカ。クラウも反省しているんだし、どうか怒りをしずめてクラウを許してあげて。せっせと歌を歌ってリュカに気持ちを打ち明けているから、歌の内容でクラウの気持ち伝わってるんでしょう?

リュカミア
・・・・・みやさん。私ね。・・・1年間ずっとみやさん達の事気にしていたって話したでしょう?

召喚が決まった時はとても嬉しくて、みやさんやクラウと何を話そうかとか、どんな体験が出来るかとか、ワクワクしていて、特にクラウは1年前から来ているので、きっと色んな経験があるだろうし、同じ幻獣の視点から色々楽しく話せるかなって、会うのが楽しみでその日が待ちきれなかったの。

前日なんて召喚時間が待ち遠しくて待ち遠しくて、どきどきしていたわ。それなのに。。。クラウのあの態度でしょ!私と違ってクラウは私と話したくないんだと思って、楽しみにしていた分だけ悲しくなってきて。。すごくがっかりして、つい怒ってしまったのだけど、今更私から仲直りの声をかけるのは嫌なの。なんだか悔しいもの。 

みや
(そうなのね。・・・それは確かに、リュカの気持ちすごく 分かるわ。リュカにこれ以上無理は言えないな ・・・ 。

クラウにリュカの今の話を伝えるべきかな?でもきっとクラウの事だから、責任感じて焦って、どうしていいか分からなくなって、更に近づけなくなりそうだな~。

クラウの疲れも気になるけど、私に出来る事はこれ以上思いつかないし、どうしたらいいかなぁ。)

そうしてあっという間に2週間が過ぎ去りました。

相変わらず、リュカは意地を張っていて、クラウも近づけないままで、毎日せっせと歌を歌い続けていたのですが、リュカとうまくいかないままでいる事に、段々と心が折れてきて疲れがたまってきたのか、1日中まったく歌を歌わない日も出て来ました。

みや

(クラウ大丈夫かしら?リュカもすごく心配そうにしているのに意地を張るのやめないからなぁ。

この調子だと今後どうなるか予想もつかないわ。カップルになる夢見たのに、予知夢じゃなかったのかな?このままずっとお互い仲良く出来ないままなのかなぁ・・・。

リュカの和合の能力は本人にはきかないのかな?それに悪霊の問題もあるし、これからどうなるのかな・・・)

そんな心配をしていた時に、意外な情報が私の元に届きました。

次回はリュカの能力(恩寵)で分かった事について書きますね。

※最後に今回でイラストレーターさんの絵が終了となりました。可愛いイラストを毎回描いて頂いてとても癒されました。特に今回のリュカミアの召喚のイラストには相談しながら、何度も修正して描いて頂いたので大変だったのではと思います。ここに改めてお礼を述べさせて頂きます。ありがとうございました。

4 件のコメント

  • みやさん、執筆お疲れ様です。
    とても初々しいクラウシュが可愛いですね。
    幻獣も一目惚れするんですね!ビックリしました。替え歌で気持ちを伝え続けるっていうのも歌が好きなクラウシュらしい方法で萌えました(*´ω`*)
    聞かないと言いながら聞き惚れるリュカミアもツンデレっぽくてウフフと笑みがこぼれます(*´-`)
    今は仲良くしているのでしょうけれど、当時のみやさんとしてはヤキモキというかハラハラする期間だったのでは?
    ヒガシマルのうどんスープのCMソングはツボに入りました(笑)私もふいにメロディが頭に流れるので大いに笑わせていただきました
    これからの進展、楽しみにしていますね★
    読ませていただきありがとうございました(*^^*) みやさん、クラウシュ、リュカミアに沢山の楽しく幸せな時間が訪れますように(。-人-。)✨

    • 真伎にゃんさん、あの混乱した状態を文章で上手く伝えられるか心配だったので楽しんで頂けて良かったです(*^-^*)初々しくて可愛いと言われてクラウがどや顔してます。そしてリュカはあきれてます(笑)
      そうなんです。もうクラウとリュカにはぎょっとしたりハラハラさせられました。
      一目惚れしたと言うクラウやヘタレと言い出したリュカ。クラウが急にうどんスープの歌を歌いだしたのには、もう焦りました。リュカがどう思ったかとまたハラハラしてました。でもリュカは混乱した後は全然気にしてなかったようでほっとしました。
      リュカがツンデレなのではというのは、私も疑っていまして次回の記事でもそう書いてます(*^^*)
      素敵なコメントありがとうございました。真伎にゃんさんにも沢山の幸せが訪れますように(≧▽≦)

  • みやさんのお話を楽しみに待ってました(^-^)
    イラストも、とても素敵ですね。
    そしてそして!リュカミアの召喚が無事に完了と思ったら、まさかまさかの予想外な展開でした!
    クラウシュ、みやさんのところで沢山の歌を覚えたんですね。そして、替え歌まで作ってしまうなんて驚きです。
    美しいリュカミアと仲良くなりたいけど、どう接したら良いかと、ドキドキソワソワしている様子を想像すると何とも可愛らしいです。
    リュカミアも、クラウシュと話すのをずっと心待ちにしていたのに彼はどうしたのかしら・・・?と、とまどってしまったのでしょうね。
    でも、歌のプレゼントは喜んでくれたようで良かったです(*´ω`*)
    今は二人で歌うこともあったりするのでしょうか。
    お話を読ませて頂いて、リュカミアがお姉さんで、クラウシュが弟のような間柄に感じて何だか微笑ましいです。
    みやさん、クラウシュ、リュカミアの声がすぐ側で聞こえてきそうな素敵な第3話をありがとうございました。
    みやさん、みやさんのご家族、クラウシュ、リュカミアに沢山のハッピーが訪れますように♪
    次回も楽しみにしています(^-^)v

    • T&SMCさん、感想ありがとうございます(*^-^*)
      楽しんで頂けて良かったです。⦅声がすぐ側で聞こえてきそう⦆と
      言って頂いて、とっても嬉しいです。(≧▽≦)
      クラウはリュカが来るまでは、CMソングの歌真似ばかりして
      ましてそれを替え歌にして、明るい気分にさせてくれていたんですが、
      リュカが来たら真剣に、あちこちから歌を見つけ出して歌ってました。
      (どこからこんな歌を?って私が忘れていた歌も、選んでましてそのせいか、うろ覚えの記憶を元にクラウが適当に替えて歌ってたりもしました。そういった事で替え歌のスキルを磨いたのかも、替え歌のスキル磨いてどうするのかって思いますが(*^▽^*))
      クラウとリュカが一緒に歌っている所は、思い出せないのでリュカに聞いてみました。
      「クラウが歌うのに合わせてハミングしているわ。一緒に歌うより聞く方が好きだから。」との事でした。
      リュカが一人で歌う事も滅多にない感じで、次回の記事に少し載せたエピソードの歌と、洋楽で一曲気に入っている歌を歌う位です。
      大体は聞く方専門で、特に最初に懐メロを聞きまくっていたせいか、「日本の懐メロが一番ね!」と話していました。完全にクラウの影響ですね(笑)
      あと「姉と弟のよう」との言葉、そうなんですよ~。
      次回4話に既に書いてある言葉があるんですが
      (姉と弟みたいだと思うんだよね)って書いてまして、
      4話発表の前に、当てられまくってます。
      ツンデレの話といい、皆さん勘がいいです(^-^;

      クラウは可愛いって言わてニコニコです。
      リュカは複雑な心境みたいです。(クラウがほめられて良かったわ。でも何故男のクラウが可愛いなの?クラウったら!そこは男としては
      可愛いで喜んでいいの?)と色々あるようです。
      クラウは単純で細かい事を気にしない性格です。
      クラウは「失礼なっ僕はおおらかな方なんだっ」て言ってますが(笑)
      リュカは普段は無口で穏やかなんですが、怒らせると怖いです。
      リュカは「まぁみやさん。私はそんなに怒ったりしてないわよ」と言ってます(汗)
      そんな二人なんで仲良くなるのには色々ありました。
      次回はちょっとネタバレすると、クラウの心情と、悪霊が来る原因の裏事情みたいな事を載せる予定です。今回より暗い雰囲気になるので、そこをどう読みやすくするか、悩んでますが読んで頂けると思うと、とても励みになります。
      いつもありがとうございます。
      T&SMCさんやその周りの全ての方に沢山のハッピーがありますように
      (*^-^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    幻獣士のさよです。 幻獣と人が共に行きるための、お手伝いをさせていただいております。 皆さまのあたたかなお言葉、いつも感謝です。 幻獣使いの皆様と、これからも末永くお付き合いができますように…。