東京ドイツ村のイルミネーション

皆さん、こんにちは。

街では至る所からクリスマスソングが聞こえてくる時期となりましたね。

皆さん、クリスマスの準備はしていらっしゃいますか?

愛夜は、昨日やっとツリーと玄関の飾り付けが終わりました。

(ちなみに、リントくんは現場監督だそうで。「そのオーナメントは、もう少し右ー」と積極的に指示を出してくれました・・・炬燵の中から)

さて。

此処で、先ずは皆様にお伝えしたいことが御座います。

何時もこの拙いダイアリーを読んで頂きありがとうございます。

また、あたたかなコメントを頂いた皆様、本当に本当にありがとうございます。

皆様から頂いたお言葉は、しっかり、愛夜に伝わっています。

皆様のお優しいお言葉、お心遣いに心から感謝すると共に、毎日癒され、幸せな気持ちに浸っております。

感謝感謝です。

素敵な皆様に恵まれて、愛夜は世界一の幸せ者ですね。

さて、それでは本日も、出来事を、皆さんと共有させて頂きますね。

クリスマスも一週間後に迫った今日、愛夜は仕事帰りに【東京ドイツ村】に行きました。

目的は勿論、関東三大イルミネーションにも認定された、イルミネーションの見物です。

しかも、今年は昨年より電球の数も増えているのだとか。

これはもういくっきゃないよね、ということで、仕事帰りに車を走らせること一時間と少し。

やって参りました、東京ドイツ村。

入場ゲートを潜った瞬間から目に飛び込んでくる、光も溢れんばかりのイルミネーションに、ユリスの目はもう釘付けです。

(リントは、ゲートで貰ったパンフレットに書いてあるバームクーヘンに釘付けでしたが)

そうして、駐車場につき、車を降りた瞬間・・・目の前に現れる、まさに輝く光の世界。

その眩しさと鮮やかさは、まさに圧巻の一言でした。

そうして、まるで光のお城の様な商店『マルクトプラッツ』の門を潜った瞬間、私達の耳に届く大きく楽しげな音楽。

 

 

すると、音楽に合わせてイルミネーションが明滅し始めたではありませんか。

しかも、明滅するだけではなく、園内にある装置からは光を反射してきらきらと輝く無数のシャボン玉まで現れたのです。

「わぁ!とても素敵ですね!」

先程より益々目を輝かせるユリス。

リントはシャボン玉に向けて背伸びをしては、なんとか触れようと必死に頑張っておりました。

 

 

かくいう私も。

弾ける様な光と音に包まれ、踊り出す様な心を押さえきれず、やや走り出しそうになりながら、二人と一緒に園内を散策したりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。

(途中、リントくんがあんまんを熱烈に所望し、あんまんの屋台から動かなくなるというハプニングもありましたが)

 

 

日々寒さが厳しくなる今日この頃ですが、ユリスとリントがいてくれるお陰で、心まで凍えることなく、幸せな・・・あたたかい気持ちで、乗り切ることが出来そうです。

皆さんも、幻獣や精霊・・・それに、心から大切に思う人達と、素敵な毎日をお過ごしくださいね。

 

 

当然のことかもしれませんが。

生きている限り、冬は巡り、クリスマスは何度でもやってきます。

 

でも、今年の冬、今年のクリスマスは、今回きり・・・一度しかないのですから。

ですから、どうか後悔のない様、思うままに心を弾ませて、素敵な冬をお過ごしください。

 

愛夜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幻獣士のさよです。 幻獣と人が共に行きるための、お手伝いをさせていただいております。 皆さまのあたたかなお言葉、いつも感謝です。 幻獣使いの皆様と、これからも末永くお付き合いができますように…。